GASCad R1 その他の情報は こちら
GASCad R1は都市ガス内管CADシステムです.本支管から燃焼機器までの低圧・中圧の都市ガス配管設計を行うことができます。GASCad R1は統合パッケージですからガス配管(平面・アイソメ図)、建築図作成、圧損計算、材料表集計(工事台帳)、図面管理などの必要な機能が全て揃っています。
 
 
 
 
 
 
 

初めてのCADユーザーにも簡単に使えるように工夫されているため、どなたにも高品質の図面が作成できます。
全ての機能が揃っています。
 建築図作成配管機能機器配置(ガスメーター、燃焼機器)機器属性・消費量の設定データチェック→圧損計算
(口径自動決定)圧損計算表出力工事台帳作成図面管理
  1図面ファイル(DWGファイル)内を頁分割できる為、1頁目は工事台帳、2頁目は1階平面図、3頁目は2階平面図、4頁目はアイソメ図というふうに1図面ファイルにまとめる事ができます。また、専用の印刷機能を使い連続印刷や裏表印刷も可能です。  
  専用の図面管理機能で顧客毎の図面やデータを整理して保存できます。また検索機能により即座に図面を取り出せます。  
  GASCad R1は圧損計算を行う際に必要な配管のトレースを平面図のみで行います。立管部の描画など3次元的な操作は不要です。また、圧損計算の前に図面の間違いを抽出する為のデータチェック機能を備えています。  
  圧損計算は一般社団法人 日本ガス協会の内管設計指針に準拠しています。戸建、集合住宅の圧損計算が可能です。  
 
 
【図面作成機能】
平面配管・アイソメ配管図作成機能
建築図作成機能 (通り芯・壁・柱・建具・階段・部屋レイアウト配置)
建築図ラスターデータ取り込み
1図面ファイルに複数ページの領域が設定可能(例:1P:工事台帳 2P:1階 3P:2階)
複数ページの連続印刷及び裏表印刷に対応
【圧損計算機能】
低圧・中圧に対応
配管口径の自動決定機能
ガスメーターの号数自動決定機能
【工事台帳(部材集計)】
外部の地図サービスを案内図として貼り付ける事ができます。
社内システムへの連携
CPU Core i 5 以上を推奨
メモリ 4GB 以上
OS  Windows 8.1, Windows 10
※ これらはIJCADの動作環境条件に依存します。
GASCad R1 はIJCADのアドオンソフトウエアです。  ( IJCADは STD版を使用しています。)
  IJCADはAutoCADの互換CADの為、図面ファイルは2次元CADの標準フォーマットDWGを使用しています。
  IJCADの詳細については https://www.ijcad.jp/ をご覧ください。