1997年からADN (Autodesk Developer Network)に参加し実績を積んでいます。  

 AutoCADカスタマイズサービス

  当社はADN(AutoDesk社の認定デベロッパー)としてAutoCADベースのCADアプリケーションの開発で20年の実績を持っております。
AutoDesk社から最新の技術情報とサポートを受けながら開発を行いますので安心してお任せ頂けます。また、当社はCAD以外の分野にも精通したソフト会社ですので、Webアプリケーションや基幹システムとの連結など、総合的なCADアプリケーションをご提案いたします。



    『NSD AutoCAD カスタマイズ サービス』 は
      ◎ 豊富な経験 
      ◎ リーズナブルな予算 で AutoCADの 有効利用をサポートします。

   

      Autodesk アプリケーションストアに 弊社のaisomeCAD2017が掲載されています。

 
   カスタマイズへのアプローチ  




























 AutoCADのカタマイズについて


AutoCADをカスタマイズする方法として次の4つのAPIが用意されています。システムの内容により最適な方法でカスタマイズをおこないます。

 AutoLISP
   AutoCAD のカスタマイズAPI としては最も古くからあり,人工知能用の言語LISP を元にして開発され
   ました。
   コマンドラインから直接入力することによってインターラクティブに動作を確認できますが,スピード面
   や高度なカスタマイズには不向きです。
 VBA
   VBAはMicrosoft の提供するコンポーネントテクノロジを利用したカスタマイズ環境です。
   VisualBasic でカスタマイズを行う事ができます。但し、一部カスタマイズの限界があったり,細かい
   カスタマイズができなかったりします。
 ObjectARX
   AutoCAD自身がオブジェクト指向となった事により登場したC++言語によるオブジェクト指向型の
   カスタマイズAPIです。
   VisualC++で書くことができ、MFCを利用したり、ObjectARXでしか使用できない機能、例えば、
   各種イベント処理のためのリアクター機能、ユーザー自身で定義できるカスタマオブジェクトの定義,
   ドラッグ処理を可能とするJIG機能 等々,高度なカスタマイズとユーザーI/Fを実現する事できます、 
   カスタマイズの限界がほとんどなくなったと言えます。
 AutoCAD .NET API
   最も新しいAPIです。AutoCAD Managed Class を使用し、 VB. NETやC#により、.NET ramework
   テクノロジを使った最新のカスタマイズが行えます。



 サービス概要

 カスタマイズに関するお問い合わせ、ご質問はお気軽にお申し付けください。

E-Mail cad@nsdn.co.jp
TEL 06 (6941) 1341
担当 CAD開発部

※ お問い合わせやご相談は下の問い合わせフォームからも行って頂けます。
  
    カスタマイズお問い合わせフォーム

 ご計画をお聞かせ頂いた上、費用などを含めた提案書を作成させて頂きます。

 AutoCAD互換CADのIJCADやBricscadのカスタマイズについてもご相談ください。

■ パンフレット


 開発事例

<建築資材承認図自動作成システム>

建築資材の承認図を自動作成するシステムです。
カタログデータと、製品仕様を入力すると自動描画します。
<土木構造物自動設計システム>

ダムなどの土木構造物の詳細構造図(正面図・平面図・断面図)を自動設計するシステムです。独自の部材組み立てルールに基づいて部材を配置し、詳細構造図を自動描画します。また、必要な部材の数量計算書を作成します。
<レイアウト図設計システム>

飲食店の厨房やスーパーの業務用冷凍冷蔵庫のレイアウト図を作成するシステムです。機器配置機能、壁・柱・建具等の建物描画機能などレイアウト図に必要な機能を揃えています。電気図、ガス配管図、給排水配管図などの各設備図ごとに表示・編集することができ、また別図面に出力することもできます。編集箇所を赤色表示し、別の作業者が一目で修正所を確認することができる「朱書きモード」をサポートします。
<パネル自動設計システム>

マンションの部屋壁パネルを自動設計するシステムです。自社製品の仕様に合わせた最も効率的な割付ルールにより、建築図面上に自動描画します。
<図面管理+製品、製作図面の自動設計システム>

過去の図面情報 DWG、ラスター図面をOrcaleにデータベース化し、受注以前の打ち合わせ図面、受注後のリピート受注にデータベース化された図面情報を利用します。CAD側では自動設計時にデータベース化された製品仕様情報や基本図面を利用します。DWGはバイナリーデータとしてOrcaleに蓄積されチェックイン、チェックアウト機能で共同作業をサポートします。
<施設管理システム>

FM(ファシリティマネージメントシステム(CAFMα2000)は施設管理の為の統合環境システムです。
施設データベースを簡単に構築する機能、検索、レポーティング機能、各種のビュアー、AutoCADとのリンク機能などで容易くFMを立ち上げる事ができます。
<アイソメ図・一品図作成システム>

どなたにも簡単にアイソメ図作成を作成する事ができます。アイソメ図の為にAutoCADの基本 コマンドでは表現できない寸法線機能をカスタマイズしています。また、寸法線を一括して描く機能やシンボル類を自分で登録しダイアログ上から選択する機能などアイソメ図を描く際に必要な機能が全てそろっています。2次元CADで南西等角図の表現を完璧に実現しています。
<真空式下水道システムの自動設計システム>

2.5次元の下水道配管を行い、機器配置後に、測点上に地盤高、最小土被り等の情報を入力します。配管設計ルールに基づき配管傾斜や管径を自動設計していきます。埋設物がある場合には自動回避します。縦断図を作成すると共に部材を拾い工事見積書を作成します。
<電力潮流図自動作成システム>

電力の送電計画をシュミレーションするシステムです。発電所、送電所、需要家などを配置しその間を送電線で結びます。ルートの自動経路追跡の結果、各ルートの潮流値を計算し、容量チェックを行います。
<OAフロアの自動設計システム>

OAフロアの自動設計、見積もりシステム 部屋の図面内にOAフロア部材を配置ルールに従って配置していきます。配置結果によって見積もり資料ができあがります。